近畿ブラ歩き

近畿の名刹、名所、催しを見聞するブログ

令和3年7月18日太秦徘徊 住宅地の中心に在る蛇塚古墳

此方の蛇塚古墳へ訪れるのは今回が2囘目でして、以前はYahooブログで投稿してでして、今回の意図は先に投稿した天塚古墳の関連と比較の為訪れました。

 

f:id:kinki-buraaruki:20210729134506j:plain

本当に住宅地の真ん中に在るのですよ!

可笑しいと思いませんか?心在る者為らば、何故?と疑問に思って当たり前ですが、其れすら感じられない人間は肝心な事に見向きもせず周りに流されて地獄に堕ちる者が沢山出てくるだろうと思います。

物事の骨幹は、違和感こそ大事で其れを看過すると取り返しの付かない事の殆どでして、つい最近起きた天災であり人災である熱海の土石流の流出事故で落命する様な事が起きる前提と為る事柄が殆どです。

元は此の辺りには、何も周りに無くて只全長110mの前方後円墳が在りました。

其れを京都の土地開発事情で触れては成らない墓荒らしの如く周りを削り取るように土地開発した挙句、残された場所から奈良の石舞台古墳の様な石室が出現したので急遽其処だけ残して土地開発は終えた形に成りました。

当時の国ですら考古学の観点から古い遺跡を保存する観念すらなく、何処ま宮内庁文化庁が関わって来たかは不明ですが、遺跡保護の運動が盛んに成ったのが仁徳天皇陵が在る百舌鳥古市古墳群の在る古墳の破壊して土地開発事業を巡る事から住民訴訟と成って国が動いたのが契機と成り、其の後は必ず壊すか残すかは発掘の結果次第で残されるかが決定される事に成り、若し思いも拠らぬ史実が発見されたら取り壊さずに全て有るが儘残される保存するように良きに計られます。

其れにしても此処は、無様ですね。

是だけの物が出て来て、初めて重要性に気付くとは哀れな者の多くが居るとは恥の極みで厚顔無恥の者が多い土地柄ですね。

 

f:id:kinki-buraaruki:20210729140727j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210729140754j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210729140814j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210729140849j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210729140926j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210729140940j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210729141009j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210729141110j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210729141128j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210729141141j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210729141213j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210729141242j:plain

フェンスの周りを360度一周すると、其処は前方後円墳の前方の頭頂部に当る場所に故人が葬られた石室が在った場所でして、フェンス越しに見えている芙蓉の花が印象的でした。

 

f:id:kinki-buraaruki:20210729141816j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210729141834j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210729141853j:plain

此のプレートには、住宅開発前の嘗ての前方後円墳の全容が航空写真で撮られた映像が見て取れます。

是だけの史跡を残そうとする気概は、京都人には全く無かった事に残念としか言い様が無く、何を持って気概であり矜持なのか考えさせられます。

次回の投稿は、また或る場所で昼食を摂るので食べたメニューを投稿します。

令和3年7月18日太秦徘徊 大映京都太秦撮影所跡

天塚古墳から、地図に沿って一番判り易いルートを探って歩いて居ると必然と此方の場所に出てきました。

蛇塚古墳へ向かうには、どうしても避けて通れない場所でして、此の場所を拠点に街中に在る古墳を探すのにはどうしても此処が橋頭堡に成り、亦前を通る事に成りました。

 

f:id:kinki-buraaruki:20210729112856j:plain

大映通商店街と地元住民の尽力で、京都太秦の地に嘗ての此の場所で大映京都太秦撮影所が繁栄して此の場所に在った証と功績を讃えてモニュメントを此の場所に残しました。

 

f:id:kinki-buraaruki:20210729113341j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210729113352j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210729113405j:plain

日本映画が、一番元気で海外に羽ばたいた証として、後世に伝え残そうとして元撮影所跡(現太秦中学校)にモニュメントを建てました。

f:id:kinki-buraaruki:20210730084845p:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210730084859j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210730084909j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210730084922j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210730084936j:plain

在のモニュメントに在るトロフィーに該当する作品が上記5枚の映像で表した作品で、黒澤明監督作品「羅生門」です。

この作品で初めて海外から認められ、其の後に沢山の作品が世界を席巻した。
 

 

f:id:kinki-buraaruki:20210729113707j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210729113721j:plain

此方が、残されたモニュメントの碑文に書き刻まれた文言です。

 

f:id:kinki-buraaruki:20210729113836j:plain

撮影所跡で現中学校門前を眺めて蛇塚古墳へ向かいました。

次回投稿は、奈良の石舞台古墳を彷彿する古墳を投稿します。

令和3年7月18日太秦徘徊 天塚(てんつか)古墳に在った場所は狐憑きの結社でした。

前回、5月末に此方へ伺いたかったのですが、どうも大企業の工場の規模を見誤ったばかりに余計に時間が要して古墳ウォッチャーを断念せざる事に成り行程変更致しましたが、今回は前回の失敗を踏まえて回るコースを伺いつつ何処から入るか歩きながら進入路を探り、やっと古墳に近づく順路を探し当て、其処へ伺ったら何じゃそりゃと驚きました。

 

f:id:kinki-buraaruki:20210728201505j:plain

地図を片手に持って順路を探り当て、住宅地の奥に在る事が地図を見て伺われるので為るべく奥へと続く道を探って辿り着くと古墳と神社(稲荷社)が地図上に名前が並んで表記されていたので成程と何じゃそりゃと言うと発しました。

 

f:id:kinki-buraaruki:20210728202024j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210728202047j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210728202106j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210728202142j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210728202207j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210728202218j:plain

此の天塚古墳は、一応前方後円墳の体裁を取っているが、周りは工場敷地を住宅地に囲まれて全容を掴みづらく、ホントボタ山に古墳があると言う様な感じでもう一つピンと来ない。

天塚古墳の謂書きには、近くに在る蛇塚古墳の事も合わせて記載されており、何方も前方後円墳で嵯峨野から太秦に分布する嵯峨野太秦古墳群中で大きな古墳で蛇塚古墳(全長110m)に次ぐ70mの大きさを有しており、6世紀前半に作られた秦氏の古墳です。

 

f:id:kinki-buraaruki:20210728202303j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210728202320j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210728203253j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210728203320j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210728203347j:plain

小山に立ち入って伺う事が出来ますが入口が何処なのか解らず、余り立ち入るとマダニの被害に遭う事も有るの止めときました。

地図上では拍清神社と表記されて居ましたが、実は伏見稲荷の流れを汲む拍清稲荷大明神神社と表記されており、其れだけなら問題無かったのですが、階段を上がりきった時に人物の功績を讃える碑が建立され、お稲荷さんを祀る社が在るのかな思いましたが、建って居る物は木製の小屋みたいな建物でして、教会と書かれた鑑札が入口に掛けられ、何の協会なのか目を凝らして見ると狐を崇めつ講を結社しており、古墳の上にある場所が信者が集まる結社の協会だったのである。

ガラス越しに見ると古い使い古した大きな下駄と草履が玄関に置かれ、如何にも人が居そうな怪しい雰囲気を漂わせており、余り関わったらややこしい面倒事に巻き込まれるので教会と其れに関する物一切合切撮影を行う事を禁忌として取り止めました。

其れ故に匂わすような表題を使いました。

次回の投稿は、蛇塚古墳へ見学に伺おうと行路上また或る場所を通る事と成り覗いました。

令和3年7月18日太秦徘徊 昔の薬屋の名残

門から退出すると、以前迷って間違って裏参道から来た道を今度は反対に向かい、以前通った時に気付かなかった物を見出しました。

 

f:id:kinki-buraaruki:20210728141834j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210728142027j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210728142039j:plain

是れが薬種問屋の名残を残した民家ですが、リフォームされても数十年の歳月が感じられ、屋根に屋号が掲げられて居るが、その屋号すら読めないくらい汚れ字も読めない位朽ちていている。

 

f:id:kinki-buraaruki:20210728142701j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210728142714j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210728142734j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210728142758j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210728142809j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210728142823j:plain

其の当時販売されてた薬名と効能が書き記されて居る。

幾つか聞き及ぶ薬名も有り、読めば読むほど面白く、興味は尽きない。

次回の投稿は、太秦を訪れた第一目的地を訪ねる。

其処は、想像もしていなかった場所でした。

令和3年7月18日太秦徘徊 梅宮大社奉納酒樽

社務所御朱印を拝受した御朱印帳を直そうと手水舎横に設置されているベンチに腰掛けリックサックに直している最に、目が或物に釘付けに成った。

 

f:id:kinki-buraaruki:20210727183150j:plain

此方も松尾大社同様、お酒の神様を祀っているので良い酒が出来るように願掛けに訪れ、満願成就した証に酒樽を奉納している。

良く見ると面白い事に、地元京都ばかりか兵庫灘の酒造会社の酒樽が奉納されている。

 

f:id:kinki-buraaruki:20210727183505j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210727183520j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210727183534j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210727183655j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210727183708j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210727183726j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210727183755j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210727183811j:plain

良く見ると兵庫灘ばかりか広島の賀茂鶴の名前が見えており、悲しいかな嘗ての酒処伊丹の酒造会社が見当たらない?

更に面白い酒造会社を見付けた。

 

f:id:kinki-buraaruki:20210727184749j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210727184802j:plain

 

f:id:kinki-buraaruki:20210727185128j:plain

聚楽第と言う銘柄を製造している佐々木酒造と言う、京都市内洛中に在る造り酒屋で在る。

解る人は何も言わなくても解っているので、此処では敢えて此の酒樽に付いて言及しないつもりです。

今日(7月26日に取材に行きました)、気に為ったので直接取材に覗い、従業員にも在る事柄に対して言質も頂きまして有意義な徘徊でした。(笑)

此の投稿は、少し後になるが必ず投稿致しますので乞うご期待下さい!

若し、お解りに成られた方は、コメントして頂ければ有難いです。

次回の投稿は、大社を退出して次の訪問地を訪れようと大社を離れようとしたら昔に名残を見付けました事を投稿します。

令和3年7月18日太秦徘徊 猫の居る大社

拝礼を終えて御朱印を拝受する為、急いで社務所へ伺い御朱印帳を預け待合のベンチで腰掛けてジッと待っていますとタイトル通り猫が堂々と横たわって寝そべっているのです。

 

f:id:kinki-buraaruki:20210726212133j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210726212208j:plain

社務所横は、普段は締め切っていますが特別な神事が有る時は開かれて其処から参拝者を招き入れるのですが、今は其処は猫の寝所と化して居ます。

休憩用の円台の下に猫が寝そべっている居るが見え隠れしています。

この画像では見えているのですが良く目を凝らさなければ何処に居るのと思われますが、もう少し後でハッキリとした其の猫をお見せします。

 

f:id:kinki-buraaruki:20210726213319j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210726213304j:plain門を潜って最初に見た親子連れ家族が傍まで遣って来ており、幼い男の子が白い猫を追いかけているのですよ!

以前来た時は、社務所窓口を中心に十匹位猫を伺ったが、今回は二匹しか出逢ってなく少しがっかりした。

 

f:id:kinki-buraaruki:20210726214034j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210726213905j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210726213918j:plain

社務所横に参拝者向けに案内文が掲示されており、この神社に居る猫は飼い猫に付き余り手で触ったり抱きしめたり餌付けをしないで下さいと申し送りしています。

驚いて噛んだり引っ掻いたりするので見るだけで関わらないで下さい。との旨で過去に其の様な事が起きて苦情が生じたのだと察せられます。

 

f:id:kinki-buraaruki:20210726214718j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210726214704j:plain

先ほど見えている様の見えていない様感じで写っている猫が、此方の黒い雑種の猫です。

この様な猫が、もう一匹居た事が全く気付かずに御朱印を受け取りに社務所口へ伺うと少し無愛想な神職と話していると、社務所口左で板と同化して寝そべっているのを見て驚きました。

撮影したかったのですが、あの無愛想づらした神職に苦情を言われるのも癪なので止め、じっと愛嬌ある仕草を眺めていました。

 

f:id:kinki-buraaruki:20210726215352j:plain

此方が梅宮大社御朱印で、梅の宮なので梅の御朱印を押印されて居ました。

次回の投稿は、御朱印帳を仕舞おうと手水舎横に在るベンチに腰掛けていると、其処はお酒の神様を祀っているだけに或物が置かれていました。

其の或物を次回投稿します。

令和3年7月18日太秦徘徊 梅宮大社第二鳥居から中へ

前回、参詣した時は道に迷ったので脇参道から参内したので此の景色を伺う事が出来なかった。

 

f:id:kinki-buraaruki:20210722194857j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210722194916j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210722194927j:plain

前回、参詣した時は退出時に此の景観を伺いました。

 

f:id:kinki-buraaruki:20210722195202j:plain

門の中から覗くと舞殿が一直線に視野全体を専有し、其の背後には大社の拝殿の全容を覆い隠して居ます。

 

f:id:kinki-buraaruki:20210722200651j:plain

いざ境内に入ると、右側の殿舎に親子連れの参拝者を見掛け、多分後から大社内に在る庭園の拝観目的で訪れて居るのだと思います、。

海宮大社の庭園は春夏秋冬季節の花木で埋まっており、大社の名前通り35種500本に梅が庭園に植えられており、更にずらしと櫻の鑑賞が控えており、今の季節なら多分紫陽花で訪れている参拝者も居られ、今日も数名の参拝者が庭園を拝観に来られて居ます。

 

f:id:kinki-buraaruki:20210723082023j:plain

左を向けば奉納された菰を巻かれた奉納酒樽が幾段も積まれ、参詣者の一人が手水舎を撮影している。

 

f:id:kinki-buraaruki:20210723082501j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210723082525j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210723082717j:plain

私も手水舎に向かい舎と手水口に目を止めて撮影を行い、全体を撮影した後に以っと近付いて手水口を撮影しました。

此の手水口は、各神社に置いて度の様な神獣若しくは神使を当てるかは苦心するところで、天の恵みを享受するに最も適した神獣青龍を当てたのだと推察されます。

 

f:id:kinki-buraaruki:20210724081714j:plain

f:id:kinki-buraaruki:20210724081730j:plain

社務所の混み具合を一瞥すると殆ど待ちが少なく、今の内に拝殿に拝礼を済ませようと急いだ。

 

f:id:kinki-buraaruki:20210724081943j:plain

境内を見渡すと、先ほどの親子連れが未だ子供と戯れて居た。

 

f:id:kinki-buraaruki:20210724082110j:plain

舞殿が在る神社なら何処でも大絵馬が置かれて居る情景を垣間見る事が多いです。

 

f:id:kinki-buraaruki:20210724082249j:plain

此方が、梅宮大社の本殿でして、門の前の舞殿に覆い隠され、舞殿を避ける様にして回ると本殿を拝む事が出来ます。

本殿で拝礼を済ませると、先ほど一瞥した社務所に伺い御朱印を拝受します。

次回の投稿は、御朱印帳を社務所に預け、貴重待ちの間ベンチに持たれて周りを様子を伺っていた時の映像を投稿します。