近畿ブラ歩き

近畿の名刹、名所、催しを見聞するブログ

昨日は、乗り鉄を満喫して昭和の文豪を訪ねました

節分の日以来の外出を乗り鉄を満喫しつつ聖地巡礼をしました。 此方の文豪は、墓所が東山の哲学の道に在る法然院と呼ばれている古刹に弔われており、墓石には「寂」の一字のみ刻んでいる文豪谷崎潤一郎翁と言う人です。 是れも十年近く前にブログで投稿されていたので古刹の拝観と亡き人の思いを知る為に法然院を訪れ、数年後に文豪の作品地で阪神農町を舞台にした「春琴抄」のロケ地を知らず知らずに訪れたので止めとして谷崎潤一郎のイチ二を挙げられる作品「細雪」の舞台と成った高級住宅地が在る芦屋を訪れた。 本当に噂に違わず、個性豊かなデザインの豪邸等が辺りを犇めいた一角に谷崎潤一郎を執筆活動を行った芦屋の地に記念館が建てられて居ました。 入館した時に300円の入館料を支払い、右奥の部屋には、谷崎潤一郎縁の品が数多く展示されており、「細雪」も展示されており、よく目を凝らしてみるとインクペンでは無くて墨書きの毛筆で執筆されていたのが物凄く印象に残り、他の文豪とは一味違った心象が残った。 帰りは元来た道がややこしいので方角を頼りに少し長く歩くと、阪神電鉄芦屋駅から大阪寄りに一つ行き過ぎてしまい、次駅の打出駅まで行ってしまい、其の駅から阪急電鉄と交差するように隣接しているr今津駅で下車して駅傍に在る大阪王将で少し遅い昼食を摂って帰路に着きました。

ベトナム人コミュニティ

私の住んでいる堺市は、ベトナム人が多く住んでいる都市でして、何故こんなに多いのだろうと不思議に思っていましたが、去年此の疑問に答えが判りました。 何故?と思ったが、南海電鉄堺駅南海電鉄高野線堺東駅の中間点にベトナム総領事館が数年前から開設しており、其の結果、ベトナム人が住む環境が整ったと理解出来るのでしょうね?! 領事館を開館する条件は、日本の国都(首都)以外の第二の都市(商都とも言える)で災害等が国都で被らずに影響の出ない地で設置する事が定められており、其の基準に沿って開設されたのだと思われます。 何も大阪府に限らず諸外国が日本に領事館を解説するのには国益が拠る所が多く、1箇所に定めることは無く、数箇所に渡る都市に設置している国も数多く有り、一例を上げるとロシアが札幌・新潟・大阪・神戸等複数に渡る都市に設置している場合も有り、全ては国益に叶うので都合の良い事を前提で開設します。 このベトナムも堺だけかと思いきや、福岡にも領事館を開設しており、其処で私が置かれた生活環境で被害を被った因縁有る住民がベトナム人でした。 私が、今住んでいる築30数年のボロ賃貸マンションに6年近く住んでいるが、引越しして翌年に上の階からの漏水被害に遭い、玄関口からフローリングに懸けて水浸しにされてエライ目に遭わされ、其の張本人を捕まえて問い詰めようとしたが留守で捕まえる事が出来ず、其の翌年に突如退去している事実が判明して物凄く腹が立った。 このベトナム人、鼻つまみの問題人でして、携帯電話使用料金を踏み倒し、尚且つ近所の駐車場と契約して無断で車両を移動して借主にも何も通告せずに退去しているのでどうしようも無い屑野郎でして、更に福岡の入国管理局からの催促状を開封せずの人が目に付く場所に放置?廃棄するデタラメ野郎でして、其の男の個人情報が自分で知らせるお粗末な奴でして、だから私がこの男の情報を手に取るに解るのです。 言わば、不法滞留外国人に当る人物かも知れず、これ以上関わる事は面倒になるので不問にしました。 表題の通り、私が住んでいるボロ賃貸マンションには、つい最近でベトナム人が経営する食料品店が開店されて、ベトナム人のコミュニティの場にも成って居り、自転車で出掛ける時は良く買物に来店するベトナム人女性客を見かけ、流行っているのだと判ります。 良いのか悪いのかは、今のところは判断が付きかねますが、暫くは様子を見ようと思っています。

訪日外個人客が、日本の物価が安い安いと連呼するのですよ?

今日、お昼のバラエティ番組で訪日外国人客が日本滞在中に飲食やショッピングでお金を落としているのを紹介しており、其れを聞かされて給料は物価上昇に対して昇級が追いついておらず、外国人客の安い安いとのコメントで日本人の感情に追い討ちを懸けるのですよ。 聞かされて本当に凹むのですよ!!本当に堪らんね。 其処に更に松山英樹が、PGAツアー9勝目を2年振りに挙げる一報が紹介され、其の優勝賞金の莫大さに驚嘆しました。 向こう(アメリカ本土)は、狂乱物価のインフレでバカ高い価格で低賃金層の暮らしが逼迫しており、中層階級の住民も日本の平均賃金の倍以上のサラリーを支給されており、其れに伴ってプロスポーツの給料及び優勝金額が高騰しているのが今日のニュースを聞いて驚愕しました。 ゴルフのメジャートーナメント(マスターズ・USオープン・全英オープン・PGAプロ)の賞金よりも凌駕する事実が表明。 昨年のUSオープンゴルフの優勝賞金が360万ドルですが、今日松山が優勝したインビテーショントーナメントは賞金総額が2000万ドルで優勝賞金額が400万ドル(本日現在のドル換算額149円 総額5億9千6百万円)のべらぼうな金額でビックリ仰天です。 向こうで税金が引かれ、日本に戻れば二重の税金を支払うので或る意味松山英樹も手元に幾ら残るかは本人のみ知る事で我々庶民には高嶺の花です。 今年のゴルフ四大メジャーの優勝金額が幾らに成るか?興味津々です。 日本の中央競馬のG1レース優勝賞金額も年々上昇しており、海外に比べれば其れでも少し低い現状ですが、所詮博打で支払った掛金からの還元なので中央競馬会の腹が痛まないみたいで全く我々には関係ない話ですね? 本当に何か間違っており、是れもあれも日本政府の失政が招いた結果で、以前庶民の給料が上がらず、会社だけが肥太って売り上げを還元を従業員に還元せずに内部留保で蓄えばかり増やす一方です。本当に堪らん!!

藤井聡太八冠 百戦百勝成らず

タイトル戦では20戦20勝の常勝将軍ぶりを示しているが、ことトーナメント戦一発勝負の一般優勝棋戦では負ければ終わりの棋戦なので藤井八冠でも例外では有りません。 昨期は、棋聖位・王位・叡王位・竜王位・王将位の五つのタイトルを防衛して棋王位・名人位・王座位の3タイトルを奪取し、4つの一般棋戦を優勝して八面六臂の活躍をしたが、4つ有る一般棋戦ではJT杯日本シリーズは優勝したが、銀河戦と今日の朝日杯将棋オープン戦は決勝戦で敗退して今年は早くも1敗しました。 銀河戦は結果が既に出ていたが、発表がテレビ放映で紹介されるので既に決着が付いており、羽生世代の丸山忠久九段に必敗し、今日は昨年サンドバックで散々叩きのめした永瀬拓也前王座にシッカリ敵討ちに遭い散々たる結果と成りましたね。 準優勝の賞金は、優勝賞金の25%しか貰われず、ヤハリ勝負事は勝たねば成りません。 午前中に投稿した賞金獲得ランキングでは、藤井八冠は、1億8千6百万円以上の賞金を獲得しましたが、其の内の40%は竜王戦5千万円と名人で3千万円超の賞金・対局料及び手当が含まれており、他の5タイトル戦では8千万円弱の割合で当てられており、残りは四一般棋戦の賞金が2千3百万円位の割合を示されており、対局料込の総額で1億8千6百万円A級棋士の給与体系は名人位手当の70%が基準に、B級1組~C級2組までA級の70%、B2組は1組の70%、C級1組はB級2組の70%、C級2組は1組の70%と成りますので、名人100万・A級70万・B1組は49~50万・B2組は35万・C1組は28万・C2組は21万円対局料とは別に毎月個人口座に振込まれる訳です。 其の給与は、全て毎日新聞社朝日新聞両社の年間契約料から算出されており、両社が持ち寄って現状過不足無く名人順位戦が運営されているので囲碁本因坊戦の様な恥辱的な格落ち契約に至っていないのが救いです。が、是れが毎日新聞社が脱退して契約辞めたと成れば将棋連盟の運営に大いに支障を来す事が見えており、そうなる前に新たな契約パートナーを事前に見つける事が必定となるでしょう?

将棋界2023年獲得賞金・対局料ベスト10

上記の表題なのですが、昨年の1月1日~12月31日までのタイトル戦・一般優勝棋戦の獲得賞金及び対局料を合わせて獲得した棋士の上位10位の棋士番付です。 表記は、今期の獲得賞金と【⠀】内は昨期の獲得賞金の対比で群雄割拠を制した藤井聡太八冠の凄さがまざまざと見せつけられて居ますね。 順位 氏名 獲得額 昨年順位 1 藤井聡太 竜王・名人 18,634(12,205) 1 2 渡辺明九段 4,562(7,063) 2 3 永瀬拓矢九段 3,509(4,668) 4 4 広瀬章人九段 3,066(2,166) 6 5 羽生善治九段 2,604( ― ) ランク外 6 豊島将之九段 2,223(5,071) 3 7 菅井竜也八段 1,959(1,970) 7 8 佐々木大地七段 1,881( ― ) ランク外 9 稲葉陽八段 1,781(1,580) 10 10 伊藤匠七段 1,728( ― ) ランク外 渡辺前名人・棋王の収入が、タイトル喪失後で三千万円の開きが生じており、名人獲得賞金と棋王獲得賞金の差で有り、対局が確定しているので敗者に対する獲得賞金及び対局料は、目減りしないので今期は全棋戦対局した獲得賞金に反映されて居ます。 藤井五冠から八冠に成ったので、棋王・名人・王座と4大一般棋戦優勝・賞金額が1億8千6百数十万円の差です。

2月3日吉田神社の節分に参詣しました

古都京都に於いて、京都大学キャンパスが在る場所の奥に吉田山が在り、其の場所に鎮座する吉田神道発祥の吉田神社の神事節分祭は洛中洛外に住まわれている市民に取ってはこの季節で行われる神事が、六道珍皇寺のお盆に迎える御精霊と同じ意味を持つ地元信仰でして、其処いらの神社と違って同じ節分を神事として執り行っている意味合いが違って来ているのです。 其処いらの神社の一つお稲荷さんが節分祭を執り行うのは違和感が有り、狐と節分がどう関係が有るのかと考えるとおかしいです。 狐は五穀豊穣祝う神使の象徴でして、魔を払う神事とはかけ離れて居るにで肖り神事としてえびすさんや天満宮でも今では当たり前の様に肖り神事が行われているのですね。 昨日は、南海、大阪メトロ、京阪、京都市営バスを乗り継いで京都大学キャンパスの狭間に鎮座している吉田神社へ参詣に行きましたが、是れは是れは物凄く人が多く行き交いしており、キャンパスの狭間を通っている東二条通を老若男女が行き交い、其の中に目に付いたのが幼い男児よりも女児が非常に多く目に付き、女児が多く生まれる時代は平和で安定している時代の象徴として捉えられており、年若い女子中高生の姿も男子よりも多く目に付き,其処には多くの飲食の露店が佇んでおり、其処で立ち喰いの様子がコロナ禍から解放された事を印象深く感じられる。 私は、昨年末二度違う箇所の腰痛に見舞われて歩くにも支障が出て来て、そそくさと軽快に歩く事が出来無い様に成り、一歩一歩踏みしめて歩き、一段一段手すりに掴まってお山の上にある神社境内に向かいました。 上埜神社境内は、拝殿まで向かう参拝者の列が蜷局を巻き、福豆も購入するにも列を為して並んでいるのですよ! 私は、時間を要して並ぶのを止めて、拝殿前に設えている遥拝所で参拝し、福豆を求めるために二股に分かれて並んでいる列の右列に並び、十数分を要してヤっと福豆を購入する事が出来、境内では大安の千枚漬けのお店が漬物を販売していたので赤かぶと白菜のぬか漬けを買い求めました。 帰り際に、先程並んでいた場所の右側を伺うと、とても珍しい物を見出しました。其の物は普段は天満宮に在る撫で牛ですが、吉田神社では撫で鹿に成って居ました。 何故撫で鹿なのかよ申しますと、吉田神社の祭神が関係しており、戦いの神様建御雷之男神(たけみかづちのおのかみ)、、とワンセットで伝えれて居り、鹿が建御雷之男神(たけみかづちのおのかみ)、を背負って藤原氏の勧請で鹿島神宮から出向いたとされており、本所は春日大社なのですが、吉田神社も祭神を建御雷之男神(たけみかづちのおのかみ)、としているので必然と其の様に受け取る事が出来るのですね。 帰りは、市バスで京阪祇園四条駅前で下車し、其処から少し歩いて阪急で帰路に着きました。

百万遍交差点で店を構える餃子の王将で或る番組の検証を行います。

丁度、サボテンの在る自販機から此処まで歩いてきたのですが、腹が空いたので歩いた場所で行き付けのお店で昼食を済ませる事にしました。 頼んだメニューは、餃子の王将と呼ばれるくらい馴染みの定番メニューの焼き餃子2人前と炒飯をオーダーしまして直ぐに焼きあがった餃子から箸が進みました。 所で或る番組とは関西キー局日テレ系列の読売テレビ放映の「秘密の県民ショー極」で取り上げられた、関西の中華店ではs餃子のタレは店が作る酢醤油のうまダレでして、関東では自分で酢と胡椒で味付けして食するのですが、関西では当たり前にお店でそんな面倒な事をせずに出来立てての酢醤油タレとラー油を垂らして食べるスタイルが私が生まれる前から関西では当たり前の定着したスタイルでして、関東人からしたら是れがおかしいと言うのですよ?関西人からしたら其れこそ何故?と言う声が聴く者から全員声が上がりました。 関西人はイラチでして煩わしいことで時間を要する事が嫌いで非常に面倒なので中華店の店主が忖度して予め客の舌に合う味付けで自前の酢醤油タレを用意して居るのですよ! 其の事を知らなかったので、酢醤油タレとラー油が盆に乗っている所に態々酢と粉胡椒の容器が一緒に置かれて居たので不思議に思って居たが、関東人に対する気遣いで酢と胡椒を置いているのだと初めて認識しました。